YouTubeのアップロード

今の時代、テレビよりYouTubeを見ているという人も多いのではないでしょうか。
私もほとんどYouTubeばかり観ています。
仕事柄、テレビのゴールデンタイムと言われる時間帯は見れないので好きな時に見れるYouTubeを見ています。
今はそれなりに規制があったりして過激な番組は見れなくなりましたが、昔は普通に見れました。
誹謗中傷や誰かを傷つけるようなものはダメだと思いますが、過激な方が見ていて面白かったりします。
もちろん犯罪もダメですよ。
面白いアイデアがあれば自分で番組を持てるってすごい事ですよね。
私もチャンネル解説はしていて動画を上げていますが、動画編集は覚えるまでホント苦労しました。
初めは中古で購入したWindowsのノートパソコンで編集していましたが、アップロードするのにめちゃくちゃ時間がかかっていました。
10分無いくらいの動画なのに、何か間違えたのかなと思い、色々調べましたが原因がその時は理解できませんでした。
コーディング(動画圧縮)もちゃんとしているのに改善できなかったので、思い切って性能の良いデスクトップパソコンを48回払いで購入しました。
早速、動画編集してアップロードしましたが、ノートパソコンで上げていた時間と変わらなくショックでした。
その時初めてインターネット回線に問題がある事に気付きました。
WiMAXでインターネットを使っていたのですが、自宅で回線速度を調べたところ、上りが0,5Mbpsしかなかったのです。
そりゃ丸一日アップロードし続けても完了しない訳だ。
代わりにスマートフォンのデザリングでアップロードしたところ、10数分の動画を2時間くらいで無事アップロードできました。
パソコン買う必要なかったやん。
ただデザリングでも2時間かかっているので遅いですよね。
その時はWiMAXでも動画は見れていたのでインターネット回線に問題があるとは考えませんでした。
クラウドSIMのWi-Fiに乗り換えたところ20分でアップロードできました。
WiMAXはLTE回線のWi-Fiよりも使える場所が限定的なのでそれが原因でした。
知らないことを知るって大切ですね。