営業事務はなぜきついといわれるのか?理由は?

・将来、営業事務を目指していますが、きついってホント?
・営業事務がきついと言われる理由は何なのでしょうか?

営業事務とは事務職の一つで営業職をサポートする仕事です。
契約書作成や電話対応、書類作成に売掛金残高の確認などなど。

営業にかかわる業務の補佐を行う職業になります。
そんな営業事務がきつい?といわれる理由は主に以下の5つ。

【理由1】社内外問わずコミュニケーション能力が必要だから
【理由2】営業と同じく顧客至上主義になりがちだから
【理由3】営業マンと営業事務との間にパワーバランスが働くから
【理由4】ノルマの進捗次第で簡単に職場の雰囲気は変わるから
【理由5】営業に関する専門知識や取引先の業界知識も必要だから

参考:営業事務がきつい理由5選と向いてる人の特徴【事務職比較から辛い点を解説】

営業職ならではのきつさが反映されています。
コミュニケーション能力が問われたり、顧客至上主義になりがちで。

すべて営業職の悩み、苦悩を事務職も味わうようなものです。
なので、営業事務はきついし大変な仕事だといわれているんですね。

とはいえやりがいもありますので、目指す方はぜひ参考にしてみてください!