冠婚葬祭や子供の学校行事費用がお金を借りたいタイミング

これまで、実際にお金を借りたり、どうしてもお金を借りたりと思った時を思い起こしてみると、どうしても先に引き延ばせないとき、また予定もしていないときの出費として、冠婚葬祭にかかるお金が一番ですね。
突然の会社の同僚や親族の結婚、葬儀などがあげられます。
まだ親族の場合は何らかの便りが事前にあったりして準備ができたりしますが、全く事前の知らせもなく、場所が離れていた場合には思っている以上の費用が掛かる場合がありますね。
http://88style.net/
交通費や宿泊代、負担していただける場合もありますが、後での精算になりますからひとまずは、自分で支払う必要が出てきます。
突然に起こる出費として医療費なども挙げられますが、医療費は最悪の場合は、後日支払うことで相談させてもらえますが、特に葬儀、告別式やお通夜への参列は突然のことでもありますし、大きな額でないにしても給料日前などと重なると非常に痛い出費となり、本当にお金がない場合は、だれかを拝み倒してでもお金を借りたくなりますね。
お金を借りたくても借りれない状況なとき、こずかいが底をついたとき、カードなどでの引き出しもできない状態になったときはなおさらお金を借りたいと思うようになるのではないでしょうか?冠婚葬祭の費用も相手との関係にもよりますが、1万円で済む場合、3万円から5万円くらい必要になる場合など様々です。
会社の同僚や昔仲間の場合は、突然の知らせで入ることが多く、いくらの出費になるかすぐ計算が始まります。
出費までの時間がありませんので、手元にない場合は借りなければなりません。
特に会社員の場合は、付き合いもあり全く出さないわけにもいきません。
毎月の給料で生活をしている場合、出費が多かった月での冠婚葬祭の知らせには頭が痛くなりますね。
他には、子供にかかる突然の出費がお金を借りたくなる2番目ですね。
学校のクラブ活動などでの旅行や合宿なども支払いを遅らすこともできないので借りたいタイミングが多いですね。