中国ドラマ時代劇と現代の調和

印象に残ってるのは「殿下攻略~恋の天下取り~」です。内容は錚錚が涂思熠(トゥー・スーイー)に酒を飲みたいと言ったら思熠(スーイー)何も知らずに飲むのです。錚錚が飲ませてと言ったら彼は変なことを言うなと笑顔なのです。彼は彼女の言葉にいいよと言って錚錚が涂思熠(トゥー・スーイー)に私とつきあって後悔してないと言ったらするものかこの先もしないと自信を持って答えるのです。錚錚が彼に私も後悔はないと誓うのです。一人の男性が紙を見て花の盛りのこの季節に私たちはとつぶやいてここに集う喜びを練習したのです。難しい言い回しだと言って悩むのです。殿下は戴夫に緊張するなと言って戴夫本人が殿下に2度目なのに緊張をと聞いたのです。殿下は戴夫にそうだったなと言って歌詞は忘れそうだと言うのです。戴夫が殿下に林(りん)妃なら笑ってくれますよと言ったら殿下は戴夫に慰めつもりかと言って不満なのです。芊月は戴夫を見て笑顔で崔塤が思雅はいつになったら来るんだとぼやいたのです。1人じゃつまらないなと言ったら殿下は崔塤に私の婚礼だぞと話すのです。崔塤が殿下に笑顔で謝りますと従うのです。池に英語で僕と結婚してくださいと浮かべたのです。婚礼の司会の男性が涂思熠(としゆう)殿と林真児(りんしんじ)殿婚礼にようこそとみんなの前で話すのです。まずは新郎から新婦への贈り物を披露しますと言ったら妹がお待たせと笑顔で言うのです。思熠(スーイー)が錚錚君に書いた曲だと言って受け取ってくれと言ったら錚錚は彼の前で笑顔なのです。崔塤はドラムを担当するのです。思雅は木琴をひくのです。
iPad プログラミング 勉強