アイプチがすぐに取れない方法は?のりがすぐ取れる人必見!

アイプチしてみたけど
すぐにのりが取れちゃって。。。

彼氏といるときにアイプチが取れて
「目が殴られたみたいになってる!」って
言われた。サイアク!

せっかくカワイクなるために
アイプチしてるのに
思わぬタイミングでのりが取れたら
ホントにサイアクですよね!

アイプチののりがすぐに取れない方法を
まとめたので参考にしてくださいね!

まずはアイプチがすぐ取れる原因ですが
おおまかに4つあります。

1.水分・油分で取れる
アイプチは接着剤ですので
やはり油分や水分には弱いです。
運動時などはとくに汗や皮脂などで
のりが取れやすくなります。
最近はウォータープルーフのアイプチなども
種類が出てきたので
汗かきやすそうだなと思った時は
それらを使うのが手っ取り早いですね。

2.まばたきで取れる
粘着力の弱いアイプチだと
まばたきの動きだけで
取れてしまうこともあります。
粘着力の強いアイプチを使えばいい話なのですが
そういうものはたいていまぶたへの刺激が強いので
自分のまぶたの強さととの相性を確認しながら
試行錯誤で選ぶしかありませんね。

3.まぶたが厚すぎる
重い一重の人はまぶたのハリの強さが強いので
どうしても取れやすくなります。
粘着力が強いものを使うのがカンタンな対処法ですが
まぶたのマッサージなどをして
まぶたのむくみを取ってあげる方が早い場合もあります。
まぶたエクセサイズでまぶたが痩せれば
同じように取れにくくなります。

4.二重幅を欲張りすぎ
意外と多いのがこのパターン。
二重へのあこがれが強い人ほど陥りやすいので注意。
二重幅を広くとりすぎると
どうしてもアイプチは取れやすくなります。
欧米人のように広い二重幅にすると
アジア人では似合わない場合がほとんどです。
冷静になって顔全体のバランスから
二重幅を考えましょう。

だいたいこんな感じです。

1つ当てはまる人もいれば
いくつかがあわさって
取れやすい場合もあります。

アイプチが取れやすい人は
夜用アイプチを併用するという方法もあります。

夜用アイプチは
二重のクセ付けが主な目的なので
クセがついてきたら普通のアイプチも
取れにくくなります。

夜用アイプチで有名なのは
ナイトアイボーテですが
ナイトアイボーテにも
使う人によってはデメリットと感じる部分もあります。

ナイトアイボーテのデメリットを
まとめたページを見つけたので
気になったら参考にしてみてくださいね!

ナイトアイボーテのデメリット