精密検査

会社の検診を受けて、便の潜血反応があった場合、精密検査必要という検査結果が来ます。
大腸の内視鏡検査、大腸カメラと言われるものです。
これを受けることで、大腸の中を直接覗けるわけです。
そこで、ポリープがあったり、場合によっては悪いものつまり癌のようなものがあったりするわけです。
なにもない場合もあります。
その場合は、便潜血反応検査をした頃に本人の気がつかない痔の症状があったり、していたということです。
どちらにしても、大腸内視鏡検査は前日から食事を控えたり、下剤を飲んだり、当日も朝から何も食べれず、下剤入りの多くの水を飲まされ、けっこうな苦痛を伴う検査になります。
何もなければ安心するだけですが、もしポリープがあった場合は、大きさにもよりますが、だいだいはその場で切除してもらうことになります。
その検体は病理検査に出して、悪い細胞が含まれてないかを検査して、後日報告されます。
私のクリニックでは、この検査の説明をすると、検査拒否される患者さんが多いです。

検査とはどんなもの

大腸に不具合が起きたら、内視鏡の検査を受ける事があります。
この内視鏡は肛門から挿入し、直腸などの様子を見る事ができます。
例えば血便や黒色便が出た時や、腸閉そくの疑いがある時、下痢が長く続く時などはこの検査を受ける事があります。
検査の前日は下剤を服用したり、専用の食事をとったりして、大腸の中をできるだけ空にします。
そして当日は朝食を取らずに診察に入ります。
様々なお薬を飲み、腸内を空っぽにした状態で内視鏡検査に入ります。
日本の内視鏡検査は大変精密にできているので、お腹に不具合があった場合は受ける事をお勧めします。
肛門から内視鏡を入れる事に抵抗がある方もいるかもしれませんが、患者さんの羞恥心を和らげるために、下半身を全てぬぐ事なく、おしりの部分だけ穴があいているような服を用意してくれる病院も沢山あります。
痛みもあまりないようです。
重大な病気がかくれている場合もあるので、もし何か違和感があれば大腸の内視鏡検査をしてみて下さい。

最先端の診断器を導入しており高精度な内視鏡診断で正確な診断を徹底しております。診察料のお支払いにクレジットカード・PASMO・Suicaがご利用いただけます。経験を積んだ内視鏡技術と軽い鎮静剤により、無痛で楽な内視鏡検査を行っております。当院の診察及び予約受け付けは午前9時から午後19時、火曜日は午後14時まで、土日は午後16時までとなっております。大腸内視鏡のことならたまプラーザ南口 胃腸内科クリニック